掲示板

IB News&Topics

国際バカロレア(IB)類型開校式が行われました。

令和3年4月10日(土)本校二華会館2階ホールにて,国際バカロレア(IB)類型開講式が行われました。

万国旗のほか,色とりどりのペーパーワークや鶴などの装飾は,すべて生徒たちのアイディアによるものです。

伊藤校長は式辞で,IB生は誇るべき二華のIBプログラムをとおして互いに切磋琢磨し,自分に与えられた役割と使命を果たすべく世界に羽ばたいてほしい,と語りました。

遠藤高校教育課長からは,日本人宇宙飛行士の星出彰彦氏もシンガポールのIB校出身であり,氏と同様IBで得られた学びを今後の人生で生かしてほしい,とのメッセージをいただきました。

また,仙台二華高IB一期生となる8名を代表して石川陽春さんが決意表明を行い,IB類型を選択したことは自分にとって大きなチャレンジだが,7名の仲間とともにベストを尽くしたい,と日本語と英語で力強く語りました。

参加した8名の生徒たちは,4月12日(月)の本格的な授業開始に向けて期待に胸を膨らませ,会場を後にしました。

 

国際バカロレア(IB)棟完成披露式 及び 令和4年度IB類型開講式

令和4年4月9日(土),今年1月に完成した国際バカロレア(IB)棟を会場に,IB棟完成披露式と令和4年度IB類型開講式が開催されました。

村井嘉浩宮城県知事,伊東昭代教育長,遠藤秀樹高校教育課長に御臨席を賜り,保護者の皆様に見守られる中,IB類型1期生(3年次生)7名と2期生(2年次生)6名が式に臨みました。

佐藤弘人校長先生の英語も交えた式辞の後,村井知事から宮城の若者にかける想いと熱い励ましの言葉を頂戴しました。

続いて,IB類型1期生を代表し,伊藤さんと埜上さんが,IBで得た学びの成果と2期生への歓迎の言葉を述べ,2期生代表朴澤さんは,IB類型でベストを尽くし,地域・世界に貢献する決意を語りました。 

式は手製のくす玉割りで拍手に包まれて幕を閉じ,閉式後行われたIB科目TOK「知の理論」の見学会では,1期生たちが芸術について活発な議論を展開しました。

令和5年度 国際バカロレア(IB)類型 3期生 開講式

令和5年4月8日(土)IB棟303教室にて,国際バカロレア(IB)類型3期生の開講式が行われました。

校長先生からの式辞,2期生からの決意表明と3期生への歓迎の言葉,3期生からの今後の抱負,IBコーディネーターからの激励の言葉,そして授業担当教員の紹介が行われました。

また,開講式後には2期生による『TOK』の授業見学会も行われました。3期生,保護者,先生方の参観ということで緊張の様子も見えましたが,楽しく活発な議論をしていました。

仙台二華高校のIBプログラムは,多くのインターナショナルティーチャーズと日本人の先生,そして生徒が一緒に作っていきます。これからの成長が楽しみですね。

IB教員による進路講演会(高1)

Career Guidance Seminar by IB Faculty (High School Year 1)

On Wednesday, June 14, 2023, Miss Chip, an IB program faculty member who teaches English and Geography, held a career guidance seminar for first-year high school students. Miss Chip discussed the considerations for choosing university majors and emphasized the importance of maintaining balance in our lives to mature into responsible grown-ups. She also noted that communication skills are vital to career success, relationship-building, and decision-making. The seminar today was held in English, and it would be an excellent opportunity for students to improve their English skills and self-understanding as they engaged in a Q&A session in English as well.

IB教員による進路講演会(高1)

 令和5年6月14日(水), IBプログラムで英語や地理を教えているChip先生が高校1年生向けに進路講演会を開催しました。Chip先生は大学での専門を選ぶ際の考慮点や責任ある人になるために自分の生活におけるバランスが大事だと話しました。さらに,コミュニケーションスキルがキャリアの成功又は人間関係の構築,意思決定のプロセスにも重要な役割を果たすと強調していました。英語で行った今日の講演会では生徒も英語でQ&Aを行い,英語力を高め自己理解を 深める素晴らしい機会になりました。

世界の国からこんにちは(中1)

Greetings from Countries Around the World ! (Middle School Year 1)

On Tuesday, June 13, 2023, Daithí (from Ireland), Stefania (from Ecuador), and Rodrigo (from Argentina) gave presentations to the first-year middle school students. Their presentations allowed the students to explore new cultures and knowledge. They learned about each country's unique cultures and diversities and experienced the attractiveness of these countries. Through this opportunity, students learn the value of respecting and understanding other cultures. Furthermore, we hope this international exchange was a precious opportunity for the students to deepen their understanding of different cultures and broaden their global perspectives.

世界の国からこんにちは(中1)

 令和5年6月13日(火),ダヒ(アイルランド出身),ステファニア(エクアドル出身),ロドリゴ(アルゼンチン出身)が中学1年生のためにプレゼンテーションを行いました。このプレゼンテーションは,生徒たちに新たな文化と知識を探求する重要な機会を提供しました。各国の独特な文化と多様性について学び,生徒たちはそれぞれの国の魅力を体験しました。この経験は彼らに異なる文化への敬意や理解を持つことの価値を示しました。さらに,この国際交流は生徒たちにとって異文化理解と国際視野を深めるための非常に価値ある機会となりました。

二華から,イード・ムバラク!(イードおめでとうございます)

Eid Mubarak from Nika !

On Saturday, May 13, 2023, we celebrated an Eid lunch party at the IB building. Three of our IB faculty members—Miss Imane, a biology teacher from Algeria, along with Mr. Hannan and Mr. Raza, physics and chemistry teachers from Pakistan—introduced Muslim festivals, Ramadan and Eid. Our students learned about the significance of those days, including the period of fasting, self-reflection, and charity that marks Ramadan and the joyful celebration of Eid in Muslim countries. The teachers prepared traditional dishes from their home countries and shared the unique stories behind their regional characteristics. Around 30 middle school and IB students participated in this event, having Algerian and Pakistani cuisines and learning different customs in those countries. They were enthusiastic to engage in discussions and raise insightful questions about other cultures. International teachers felt gratified by the student’s interests and promised to host similar cultural events in the future to broaden their international perspective and celebrate the diversity that exists within the IB community.

二華から、イード・ムバラク!(イードおめでとうございます) 

 令和5年5月13日(土),IB棟でイードの昼食パーティーを祝いました。二華のIB教員3人,生物教師のイマン先生(アルジェリア出身),そして物理教師のハンナン先生と化学教師のラザ先生(パキスタン出身)が,イスラム教の祝日であるラマダン(Ramadan)とイード(Eid)について紹介しました。今回のイベントは生徒たちにイスラム教を信じる国々においてラマダン期間中の断食,自己反省,慈善活動の重要性やイードの喜びに満ちた祝いについて学ぶ貴重な機会になりました。先生たちは自国の伝統的な料理を作り,その地域の話を共有しました。約30人の中学生とIBの生徒がこのイベントに参加し,アルジェリアとパキスタンの料理を味わい,先生たちの故国の習慣を習いました。生徒は異なる文化についての議論に積極的に参加し,洞察深い質問を投げかけました。先生たちは生徒たちの興味に感謝し,将来的に彼らの国際的な視野を広げ,二華IBコミュニティ内の文化的な多様性を経験するため,同じような文化イベントを開催することを約束しました。

国際バカロレア類型 Year1(高校2年次) グループ4プロジェクト 双葉町フィールドワーク

 令和5年1月29日(日)に国際バカロレア類型Year 1(高校2年次)の生徒たちがグループ4プロジェクト*の一環として,福島県にある東日本大震災・原子力災害伝承館,東京電力廃炉資料館にてフィールドワークを行いました。
 伝承館では,東日本大震災と原発事故について,時系列,分野別など様々な視点からインプットし,その後のワークショップで意見を出し合い,グループ発表,個人発表の流れでアウトプット活動を行いました。
 ワークショップ後の振り返り活動では,復興の意味や東日本大震災での原発事故の最終的な総括などについて議論しました。
 午後は東京電力廃炉資料館に移動し,原発事故当時から現在,未来について,多くの映像資料とともに学びました。
 一日をとおして,視覚資料とガイドの方の説明,見学などから多くを学び,新たな問いを見つけることができたフィールドワークとなりました。

  [グループ4プロジェクト*]IBの理科選択者が共同で,ある一つのテーマについて学習するもの

時系列に災害やエネルギーに関する出来事についてインプットする生徒たち 

アウトプット活動をする生徒たち 

東京電力廃炉資料館で説明を受ける生徒たち 

 

IB クリスマス イベント “世界中のクリスマス”

IB Christmas Event  "Christmas around the world"

  On Tuesday, December 12, 2023, IB International Teachers, a group of teachers from our school, led an event to learn about Christmas in different countries. Even during the same Christmas season, traditions and events seem to differ from country to country. It was a good opportunity to learn about the different cultures, values, and religions of the world from Christmas as well as to broaden our perspective on the world.

  It was a fulfilling time for many students and the IB International teachers to spend time together. At the end of the event, everyone ate cake together!

  It was a wonderful event full of smiles.

 

IB クリスマス イベント “世界中のクリスマス”

 令和5年12月12日(火)、本校所属のIBインターナショナルティーチャーズが中心となって、様々な国のクリスマスについて学ぶイベントが開催されました。同じクリスマスでも、国によって異なった伝統や行事になっているようです。クリスマスからでも、世界の文化や価値観の違い、宗教についても知ることができ、世界に視野を広げる良い機会となりました。

 たくさんの生徒と海外の先生方が一緒に過ごし充実した時間となりました。最後には、お楽しみであるケーキをみんなで食べました!

 笑顔あふれる素晴らしいイベントとなりました。

国際バカロレア説明会開催

 On Saturday, May 18, we held an information session on the International Baccalaureate (IB) programme at our school. Thank you very much for the many people who attended. The briefing began with words of encouragement from the school principal, followed by an explanation of the IB programme curriculum, career path information, and the selection process. After the briefing, the students watched an IB promotional video created by our IB graduates, observed actual classes, and had individual counseling sessions. Students will  decide whether they choose to take IB course through Pre-IB classes.

 If you have any questions about the information session or would like to learn more about the IB programme, please feel free to contact us.

 

 5月18日(土)本校にて、国際バカロレア(IB)プログラムに関する説明会を開催しました。当日は、多くのご参加を頂き、誠にありがとうございました。説明会は、学校長の激励の言葉で始まり、IB課程のカリキュラムや、進路情報、選考過程について説明がありました。説明会終了後には、1期生が作成したIBプロモーションビデオを見た後に、実際の授業見学と個別相談会が行われました。今後、プレIBを通して選択するか決めていくことになります。

 今回の説明会に関する質問がある方、IBプログラムをさらに詳しく知りたい方は、担任を通してお気軽にお問い合わせ下さい。