News&Topics

学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2018に自然科学部がブースを出展

投稿日時: 08/09 管理者o

 サイエンス・デイとは,ブラックボックス化した現代社会で実感する機会の少ない科学や技術の”プロセス"を子どもから大人まで五感で感じられる場づくりを目指し,既存の枠を超えた多様な主体と連携のもと,学都仙台・宮城の地で2007年から毎年開催している体験型・対話型の科学イベントです。12回目を迎えた今年度は7月15日(日)に開催され,合計129プログラムの出展と1万人を超える来場者がありました。

 このサイエンス・デイに出展した団体に送られるサイエンスデイAWARDにおいて,本校の自然科学部は12もの賞を受賞することができました。

 東北大学理学研究科長賞・東北大学理学部化学科長賞・東北大学知のフォーラム賞

 東北大学大学院医工学研究科長賞・日本物理学会東北支部長賞・JAXA角田宇宙センター所長賞

 Tohtech Dean Award 2018・仙台高等専門学校 校長賞・東北経済産業局知的財産室長賞

 応用物理学会東北支部長賞(しぶいで賞)・日本サイエンスサービス賞・夢ある未来を、共に創りま賞

 

リンク:学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2018